注文住宅で失敗後悔したこと!しないための事例

当サイトでは、注文住宅の失敗後悔の事例を、収集してまとめています。

設計
内装間取り 外観・外構
設備関連 場所別
トイレ

コンセント
照明
スイッチ
電気
収納
キッチン
リビング
壁紙
玄関
階段
カーテン
フローリング
ウッドデッキ
屋根
外壁
設備

 

それぞれの設備・場所・外観外構のページにリンクしていますので、ご確認ください。

 

大きくまとめると、

設備関連:使い心地・思っていたほど使いやすくなかった!

場所関連:デザイン性・長年使う際に不満点ある!

外観・外構:見た目と機能性・汚れやすさ・傷みやすさで問題があった!

ということが、様々なパターンで起こりうるのが注文住宅です。

 

建て売りと大きく違うのは、『一点もの』を目指していることです。

すでに規格化されている住宅では、大きなミスや、失敗はほとんど起こりません。

 

ただ、注文住宅に関しては、『致命的な失敗』も起こりうると考えて、備えておくべきです。

理由は、一生、すくなくても数年以上は、必ずその欠陥と向き合う必要があるためです。

 

そういうと、『大げさじゃない!??』と思われるかも知れません。

でも、本当に失敗・後悔しているという事例が実際にあることは確かで、しかも、その欠陥の被害を受けるかどうかは、時の運と言っても良いほど、偶然の要素が重なるためです。

 

逆に、失敗した!という施主の方の「住宅プラン」がどんな内容だったかを確認すると、一見、まったく問題がないように見えることもあります。しかし、さかのぼって考えたときに、

『どのハウスメーカー・注文住宅会社・工務店を選ぼうとしていたか?』で、

その後の、住宅の施工の方針が一気に、考えていた方向とずれてしまった!というケースもあるのです。

 

あれっ!??この雰囲気や間取りって、何かおかしくない?

と思った時には、もう、ほとんど事が済んでしまっています。

 

『おかしい!!!』

と気がついたときには、多くの場合、修正は不可能な状況であったり、できたとして、別途費用を改めてかけないと、改善ができない!ということになってしまいます。

注文住宅で失敗後悔したこと!失敗後悔しないために

そこで、最大限、慎重に、手堅い住宅プランを作りたい!失敗後悔しない方法をするためにできることは、どんな方法があるとおもいますか?

 

本当の意味で親身になってくれる機関があるかというと、公共の相談窓口では、個人の住宅事情について、具体的なアドバイスを受けることは、『何かがあってから』でないと、相談に乗ってはくれません。

注文住宅の建築構造に瑕疵(誤り・欠陥)があった場合には、市役所などの公共の窓口がありますが、「これから立てようとしている人への有益なアドバイス・サポート」は、公共施設では、期待できないのが現状なのです。

 

では、どうしたら良いか??

オススメしたい方法としては、まず、徹底した比較です!

 

個人でも十分に時間をかければ、周辺地域の注文住宅を請け負っているハウスメーカーのリストを作り、周辺地域の市町村のタウンページなどで、工務店などを確実に調べ上げることで、まずは、比較検討材料を、最大限集めることができます。

その一覧ができたら、どんなプランを作ってくれるのか?本当に信頼できる会社なのか?をチェックし、実際に会って話した際の営業担当者の印象などもしっかり確認します。

 

信頼度・相性のチェックの後にすべきは、なんと言ってもコストです。

もしお金に余裕があるから、そこまでコストについて気にしていません!

という方にも、ぜひ確認して欲しいのが、『複数社で比較すること』なんです。

 

はじめから、「1社に決めてしまう」という選択肢がなぜ良くないか?というと、コストだけでは終わらないことだからなのです。

 

複数社にお願いすることは、確かに時間がかかるというデメリットがありますが、それを大きく上回るメリットとして、

『最善の住宅プランを、比較し、取り入れることができる!』

と言う点にあります。

 

これから注文住宅を建てようとしている方にとって、すでに住宅プランが頭の中にある、ということは、(本人が住宅関連で働いていない限り)まず、有り得ないことだと思います。

 

つまり、注文住宅を建てようとしているほとんどの場合で、知識が無い状態から、スタートすると言うことです。

最善のプランを、頭に描けるようになるまでが、もっとも確かなゴールになると言えます。

 

もし『最善のプランを、頭に描ける』ようになった場合、「求めていたものと違う提案」に対して、明確に『No!』を言えるのです。

 

最後に、『最善のプランを、頭に描ける』ようになるためには、どうすれば良いか?について、紹介致します。

 

注文住宅で失敗後悔したこと!しないための成功秘策!

『最善のプランを、頭に描ける』状態になるには、多くの住宅プランを見ることは、どうしても必要です。

 

この部分が、建て売りではなく、注文住宅で建てることの、小さなハードルであり、大きなメリットにつながる部分です。

『複数のハウスメーカーを回って、営業トークを聞く時間がない!』

そんな場合に、便利なサービスがあります。

 

それは、周辺地域の「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー」などを、一括比較して、「住宅プラン」まで無料で送付してくれる、というサービスがあるんです。

上記の、はじめから、「1社に決めてしまう」という危険性を避けるためにも、複数社の「住宅プランチェック」は必ず必要です。

(もしこういったサービスを利用しない場合でも、住宅メーカーを回って、少なくても3社以上は、実際に話しを聞いておいたほうが、大きな失敗・後悔をさけることができます。)

 

こちらのページで、周辺地域の
「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー」の
一括比較と無料見積もりサービスが可能です。

 

もし注文住宅を検討している場合には、無料なので、失敗後悔を避けるためにも、一度確認してみることをオススメします。