注文住宅で失敗後悔したこと!後悔しないための事例

当サイトでは、注文住宅の失敗後悔の事例を、収集してまとめています。

設計
内装間取り 外観・外構
設備関連 場所別
トイレ

コンセント
照明
スイッチ
電気
収納
キッチン
リビング
壁紙
玄関
階段
カーテン
フローリング
ウッドデッキ
屋根
外壁
設備

 

注文住宅の失敗談
電気・事例集

 

このページでは、『電気・設備キッチン』の失敗談・後悔の事例集をまとめています。

ページ最後に、失敗を回避するための、オススメできる無料サービスについても、書いているので、注文住宅をこれから検討している・失敗を避けたい!という方は、最後にご確認ください。

 

【オール電化のお風呂なのに、追い炊きの機能がついていないなんて!】

住み始めて、初めて気がつきました。チェックしないと分からないもので、あれだけボタンがあったので、なんとなく機能的にしっかりしていると思い込んでしまっていました。私の中で追い炊き機能はマストだったので、取り替えて欲しいぐらいですが、もうあとの祭り。。我慢しながら使っていますが後悔しています。

 

【ダウンライトが多すぎて、コンセントも多すぎた】

ダウンライトがオシャレだなって思って、付けたのですが、数はとても大事!過不足無く配置されているから格好良く見えたのですが、多すぎるとライトの光自体がめざわりに感じます。

今回の工務店は、設備に余計にお金を支払わされた気がしています!親切心と言えばそれまでで済んでしまう部分なので、自分でしっかり設計図を確認して、もれがないように夫婦で総チェックしておけば良かった、と後悔しています。

 

【配線は、最初に言っておけば埋め込みタイプにできたかも!】

電気配線について、埋め込みにしておけば、取り回しが少なくて済んだと思っています。あるべき場所にコンセントが設置されているって、住む上でとても重要です。

 

【雰囲気で、勾配天井の吹き抜けのような天井の高さにしたが、失敗!!冬寒い!】

勾配天井が、カフェみたいでおしゃれかも、って思ってお願いしたのですが、結果的に失敗。冬、かなり冷えます。空間が広い分、熱効率まで考えた設計が求められることは、知っておいた方が良いです。

住んでいる地域にもよりますが、季節の寒暖差も考慮して、しかもエアコン・暖房設備も込みの良心的な提案をしてもらえる注文住宅のメーカーでないと、失敗の可能性があります。

 

【シーリングファンを付けたが、あまりリビングの空気が巡回しないし、ビックリするくらい暖まらない】

ファンを付けたのは良かったのですが、夏場の空気の循環がほとんどなくて、サーキュレーターのような強い風でないと、巡回している感じがしません。たぶん設計自体があまり良くないのかも。

なにが良くなかったのか分からないので、こういったアドバイス自体をしてくれる、親身になってくれるアドバイザーがいたらなって思います。

 

【高さのある天井は、見た目は良かったが、設備や立て付けを失敗すると、ただただ暖房費・冷房代がかかる!】

電気代が、非常にかかって後悔しています。1つは、設計面でもっと熱効率の良い建物もある気がするし、もう1つは、冷暖房の設備自体を、部屋の広さに最も適したものにしてほしかったです。

たぶん、冷暖房設備が小さすぎて、電気代がかかっているんだろうと思います。

 

【ベランダが思っていたよりも、狭かった】

子供が、ベランダがある家を待ち望んでいたのですが、思っていたほどの大きさではなくて、がっかり。間取り図や図面でみると、実際の雰囲気って分からないものですね。

 

【ロフトの床の遮音性が悪くて、リビングにいるときに気になって仕方が無い】

ロフトを作ってもらったのは良いのですが、何しろ音がうるさいです。床材が、下にリビングがあることを考えて選ばれたとは思えない。注文住宅の際は、ほぼ一点ものなので、こういった細かいカスタマイズで、どんな雰囲気になるのか?は、住宅メーカ側の経験が問われる部分だと思いました。。

 

【ウッドデッキは不要だった。7年目にすべて腐食した(>_<)】

最初は、ウッドデッキの見た目も良く、たまにバーベキューなどで利用していましたが、数年で、水浸しになる配置だったことから、腐食がはじまりました。約7年目で、完全に中が空洞に近くて、デッキが抜けてしまった部分があって、いまでは、ちょっと後悔しています。

修繕をお願いしても、木なのでまた傷みますよと言われました。

 

【掃除のしやすさから、LDKの中心あたりに1つで良いので、コンセントが欲しかった】

広めの土地を購入し、LDKもゆったりした作りになっているのですが、掃除がたいへんでした!主婦の目線で、コンセントや、掃除の部分まで考えてくれると、ありがたいです。ここにコンセントがあれば、かなりいつもの掃除がらくになるのに!ということに後から気がついて、配線の取り回しで苦労が絶えません。

他にも主婦目線がやっぱり足りないな、と思う部分も多々あり、事前に詳しく確認しておく事って大事だな!って思っています。

 

注文住宅の失敗談
設備キッチン・事例集

【ダイニングキッチンの使い勝手が思ったほどよくなかった】

以前から、お願いしたいと思っていたダイニングキッチンの注文住宅で、予想外だったのが、その使い勝手の悪さです。たぶん、わたしがお願いした工務店の設計が??なのだと思いますが、キッチン側の使い勝手が悪いので後悔しています。

わたしはごくごく普通のキッチンの設備で良かったのですが、実際、料理する時に何か使いにくいといつも思います。

【床暖房を入れなければ良かった。寒い地域ではないので、使う必要がほぼない】

設備が多すぎたことで、失敗しました。お願いした住宅メーカーでは、ほぼみんな床暖房にしていますよと言われたので、考えずに床暖房が見積に含まれた状態で、契約してしまいました。

よく考えると、実際に必要だと思うのは、多くて数ヶ月ですが、実際、石油ストーブで十分暖かく、広いリビング全体の床暖房を付けようとは、今では思えません。電気カーペットで十分です。(>_<)

 

【食洗機(自動食器洗い機)が、市販のものの方が使いやすかった・配置も重要】

食洗機の使い勝手がよくないです。キッチンと一体型になっていて、はじめは良いような気がしていましたが、料理をするときの導線にあって、丁度ものを置きたい部分に食洗機があるので、片付けの時に不便しています。間取りなどオリジナルであるぶんだけ、しっかり考えておく必要があるんだなって思って、後悔しています。

 

【シーリングファンの音がうるさくなってきた・リモコンの反応が悪い。】

シーリングファンの周りが悪いわりにうるさいです。リビングなので気になります。しかも数年前からリモコンの接触が悪いです。メーカーがつぶれて、このリモコンが完全に壊れたら、まるごと交換します。しっかり良いメーカーの設備を標準でつけてほしい。

 

注文住宅の失敗談・事例集
電気・設備キッチン  後悔回避策!

 

失敗や後悔には、様々な事例がありますが、そのなかで、電気・設備キッチンは、特に「使えなくなる」と非常に困る/交換が必要になるケースが多い箇所です。

さらに出費が必要になるなら、事前に良いメーカーの設備で長く使いたいものです。

 

コストの面でも、設備や、キッチンの部分の見積もりは決して安くありません。

キッチン部分のメーカーを変えるだけで、数十万円の節約になるケースも。。。

 

そんなときに気になるのが、全体のコスト感・相場・住宅プランの中身です。

もし何も比較をせずに1社だけの見積もりをみて、契約使用としている場合は、要注意です!!

 

注文住宅を建てる場合に、比較は非常に重要な要素なんです!

そんな複数社の比較を、無料でしかも住宅プランまで、提案してもらえるサービスがあります。

 

ぜひ失敗や後悔をさけるためにも、数年後に辞めておけば良かったという契約をしてしまう前に、第三者の目線で、大手の住宅メーカーから住宅プランを、提案してもらうことをオススメします。

無料ですし、特にどこかで必ずお願いする必要もありません。しかももし個別に、部分的にだけアドバイスをしてもらいたい場合でも、要望を聞いてもらえます。

つまり、自由に選択できて、聞きたいときには、聞けるという無料の住宅プランサービスなんです。

 

⇒家づくり計画書(住宅プラン)の
無料サービス
はこちら

契約する前には一度活用してみることで、見積もり額の見直しにも使えて、失敗を避けることができるはずです。