【注文住宅 最善の複数の間取り比較】って!?

注文住宅の間取りって非常に迷いませんか?

 

自由に選べるのは、ありがたいですが、いざ、『自分で自由に決めて良いよ』と言われると、非常に迷うもの。

 

これは、過去、注文住宅を建てた人に共通する感想なんです!!

 

『みんな悩んでいるんだ!』と分かると、すこし安心しませんか?

 

このサイトでは、注文住宅にまつわる悩みを解決するために、出来るだけ経験者サイドの立場から、役立つ内容を提供できるよう頑張っているところです。

 

まだまだコンテンツが少ないですが、役立つ部分だけでも、確認して頂けると嬉しいです。

 

 

で、『複数の間取り比較』についてです。

 

はじめて注文住宅を建てるのに、いきなりベストな間取りを計画できるか?というとそれは、正直むずかしいと考えておいた方が良いと、考えています。

 

どこまでの『ベスト』を目指すか?によっても異なりますが、本当に最適な間取りは、

「考えるものではなく、選択するもの」です。

 

なぜか?

 

専門家は、「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー・設計士」側です。

間取り自体は、施主は考える必要はないのです。

 

専門家に、複数の提案を受ける。

その上で、今建てようと思っている注文住宅の、最適な間取りを、提案してもらえているか?を判断するだけでいいんです。

 

そう思うと、すこしだけ、肩の荷が降りた気がしませんか??

 

そう、間取りは、選ぶだけで良いのです。

 

で、その際に必ず必要になることとして、複数の間取りを、慎重に比較検討すること。

これが重要です。

 

注文住宅には、失敗するリスクも実はあります。

建て売りと比べると、それは分かりやすいと思います。

 

 

建て売りの場合には、建物自体の瑕疵(欠陥・失敗・誤り)が保障対象になることはありますが、注文住宅の場合、瑕疵についての保障は、もちろんある上で、

『誤った注文をしてしまった場合』、それは発注内容と見なされて、注文自体をキャンセルすることは基本的にはできません。

(キャンセルすると、自費で、2倍の費用がかかるという意味で、施主の責任は大きいと言えます。)

 

リスクというと大げさですが、確かに失敗してしまうことが起こりうるということだけは、覚えておいて損はありません。

 

 

とは言え、施主の注文が大きく間違っている内容の場合には、メーカー側が必ず指摘しますし、

誤った発注を施主が提案した場合でも、メーカー側で、別のプランを提案してくれることがほとんどです。

 

ここで重要になってくるのは、どの「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー・設計士」を選ぶのか???

という部分が、のちのち大きな差を生むことになります!

 

 

では、どのようにして、「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー」を選ぶと良いでしょうか?

 

オススメしたい方法として、第三者視点で、『複数の住宅プラン』を提案してくれる無料サービスを活用する方法があります。

 

その前に、注文住宅で、後悔・失敗した!というケースの事例集を下記にまとめていますので、まずご確認ください!!

 

注文住宅の設計失敗後悔回避!
場所・設備・外観・外構への事例集へのリンク

外観・外構 設備関連 場所別
ウッドデッキ
屋根
外壁
設備
トイレ

コンセント
照明
スイッチ
電気
収納
キッチン
リビング
壁紙
玄関
階段
カーテン
フローリング

 

注文住宅 最善の複数間取り 比較は必須!
第三者視点で、『複数の住宅プラン』って!?

 

第三者視点で、『複数の住宅プラン』を提案してもらえるのは、下記のサービスです。

 

⇒家づくり計画書(住宅プラン)の
無料サービス
はこちら

 

今なら無料で、大手住宅メーカーの『複数の住宅プラン』とアドバイスを受けることが可能です。

(アドバイスは受けなくてもプランを受け取るだけでもOKです。もしアドバイス受けたい・相談をしたい場合に備えて、今のうちに住宅プランだけでも受け取っておくことをオススメします!)