【注文住宅後悔!失敗談】
相場価格予算は第三者視点が必須!

 

注文住宅って、実際いくらの予算が必要なの?

注文住宅の相場価格・見積もりのだいたいの費用感って!??

 

初めての場合、やはりコストの部分は気になります。

 

しかし、注文住宅の場合の落とし穴として、すべてがオーダーメードである分、施主の方針、住宅プランによって、費用相場が大きく異なってしまうことがあるんです。

 

実際に、住宅メーカー側が、どれぐらいの注文住宅を描いて、見積もりを出したかによって、コストが大きく変わってきてしまう、ということなんです。

 

とは言え、そのなかで、

だいたいの費用、坪単価を知りたい!

という施主様が多いと思います。

 

結論から言うと、

相場価格は、見積もりを出してみることが

もっとも時間を短縮できる方法なんです。

 

なぜか??

 

相場をそれぞれの住宅メーカーごとに確認するよりも、最短で、リアルな見積額を確認できるサービスを利用することで、最短でかつ無料で『住宅プラン(家づくり計画書)』と、アドバイスまで受けることが出来るんです。

⇒家づくり計画書(住宅プラン)の
無料サービス
はこちら

 

 

注文住宅の予算・相場価格を知りたい際に
重要なのは、ズバリ第三者視点です。

複数の住宅メーカーからのアドバイスをもらうことが、なぜ重要なのか!?

 

というと、

住宅メーカー(当事者)には、第三者視点が欠けている!という

致命的な欠点があるんです。

 

たくさんの住宅メーカーがありますが、これらの「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー」のなかだけで考えると、必ずメリットのあることしか言いません。

 

多くの住宅メーカーを見てきて、個々の担当者さんは悪い方ではありませんが、会社組織の中で、売上を立てるために、働いているという側面も確実に存在します。

 

そのため、『良いことしか言わない!』と感じる事ってありませんでしたか??

そう、基本的に自社の悪い面を、はっきりリスクがある形で明言する営業マンは、まずいません。

 

契約が決まらないからです。

 

企業は、直近の契約を、非常に欲しがります。

でも注文者は、契約のタイミングなど二の次だと思いませんか??

 

そんなことより、本当に信頼できる「ハウスメーカー・工務店・住宅メーカー」なのか?と言うことを知りたいのに、契約を取るために、(仕事とは言え)力説されても、お互いの利害が、まったく合いません。

 

そこで、ぜひ活用しておきたいのが、注文住宅専門で、住宅プラン(家造り計画書)と、注文住宅のアドバイスをしてもらえる、便利なサービスです。

 

しかも今なら無料で、注文住宅のパンフレット資料までもらえるんです。

⇒家づくり計画書(住宅プラン)の
無料サービス
はこちら

 

注文住宅で失敗後悔したこと!後悔しないための事例

当サイトでは、注文住宅の失敗後悔の事例を、収集してまとめています。

設計
内装間取り 外観・外構
設備関連 場所別
トイレ

コンセント
照明
スイッチ
電気
収納
キッチン
リビング
壁紙
玄関
階段
カーテン
フローリング
ウッドデッキ
屋根
外壁
設備

 

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー