注文住宅の失敗談・後悔事例集 トイレ水回り編

トイレと言えば、『TOTO』と考える方が、多いのではないでしょうか?

 

実際には、TOTO以外にも、トイレのメーカーには、下記のような会社があります。

TOTO・INAX・リクシル・トステム・パナソニック・タカラスタンダード

 

では、どんな点で失敗・後悔が多いのか??についての事例です。

 

 

注文住宅の失敗談・後悔 トイレ水回り
【機能・利便性編】

【使い勝手を重視して選んだトイレなのに、機能的に以前使っていた方が使い勝手が良かった】

新しい最新式のトイレをメーカーさんから推薦されて、選んだら、形がわるかったせいか、掃除が大変だった。結果的に、多少の水回りの機能やビデなどは満足しているが、毎日の掃除が以前より大変になった。

もう少し、トイレの形状について、比べておけば良かった。

 

【簡単な掃除で、清潔にキレイさを維持できるはずが、汚れがつきやすい材質を選んでしまった】

トイレの便器の汚れが、目立つ。

洗浄力はありそうに見えたけれど、実際に数年使うと、便器内に水染みができて、汚い印象。

他のメーカーと比較出来ないので、分からないけど、TOTOのトイレなどをみると、なんであんなにいつも綺麗に保てるんだろうと思ってしまう。

 

【床材を見た目と、キレイさ重視で選んだら、冬場、予想外に冷たかった!】

トイレのメーカー選びに目が行っていた分、掃除もしやすいだろうと選んだ床材が、非常に冷たい!

材質自体は、見かけない新しいものなのかもしれないが、トイレの家の中の配置もあいまって、とにかく寒くて冷たい。せめて、「暖房便座」にしておけば良かった!と後悔。。

 

【リクシルのトイレは機能的にも、デザイン性も兼ね備えていて良かったが、すこし掃除が必要】

リクシルのトイレにして正解だったが、数年経って、どうしても掃除が必要だと感じた。材質の良さから初めは、汚れが目立たなかったが、徐々にメンテナンスが必要だと感じるように。。

大きな後悔とまでは言えないが、他ともう少し比べておけば良かった。

 

注文住宅の失敗談・後悔 トイレ水回り
【デザイン性・見た目・質感編】

【高額な素材を選んだ割に、プラスティックのような軽い感じがした】

手洗い場の材質が軽かった。サンプルの写真で見たときには、もうすこし重い印象があったのだけれど、実際に実物は、軽い印象だった。

 

【人造大理石の質感が思っていたより、清潔感がなかった】

トイレは、長年使うものなので、結果から言うと、清潔感を大切にしたほうが良いと思った。人工大理石などの凝った手洗い場にしてしまって、ちょっと後悔。色的にも真っ白がやはり良いと思う。

印象的に真っ白で清潔感があるだけで、すっきりする。いずれ汚れてくるけれど、見た目の印象も重要だと思った。

 

【奥行き狭くトイレの空間に対して、サイズが合っていないように感じる】

トイレの便器のサイズが、空間に対して大きすぎる気がしている。元から狭い間取りにトイレをお願いしたこともあるけれど、それでも、もう少し比べておけば良かった。

ドアまでの距離が近すぎるし、やはり、間取りも重要だと思う。

 

注文住宅の失敗談・後悔 トイレ水回り
【価格・コスト編】

【正規価格と比べて、割引率の大きなメーカーがあることを後になって知った(>_<)】

大手メーカーのカタログには、正規価格が書かれているが、かなり高額で驚いた。でもどのカタログにも、似たような価格が書かれていたので、それが、普通なのだと、自分を納得させた。

後から気がついたのは、メーカー側が割引率というものを設けて、初めだけ高く見せかけているんじゃないか、と思っている。知り合いは、非常に安い価格で当然のように、見積もられていて、びっくりした。

【2階のトイレ自体をコスト削減で削ろうとしたら、最終的に介護で必要になり増築し、高くついてしまった 家族も多いので初めから付けておけば良かった】

トイレの設置のことで、家族と色々話し合った結果、2階のトイレは作らずに、注文住宅の予算内になんとか収めることで決着。モヤモヤして着工まで進んだのだが、今思うとあの決断はマズカッタ。

2階の居室で介護が必要になり、どうしても1階までの介助に時間を取られる結果に。また、元から家族が多いので、1個だけでは少ないような気がしていたが、その通りで、行きたいタイミングで入れないほど悲しい事はない。。長年住む家なので、削る部分と、削らない部分を先に予算にして、計算しておくべきだった。

 

【手洗い器を1階のトイレに付けるか?で迷った。結果的には付けておけば良かったと後悔】

最近の注文住宅では、トイレに手洗い器をつけることが増えていると言われて、迷ったがつかなかった。今思うと、我が家は、お客さんを呼んでもてなすことが増えるタイミングだったので、来客が会った際に、バスルーム横の手洗い場を案内するのは、すこし気が引けている。

特に間取りにかなり余裕があったので、手洗い場があった方が良かったかな?とすこし失敗したかも、と思っている。それ以外の部分は、ほぼ満足。

 

【予算と間取りの都合から、リビングから直接トイレに入るという図面のママお願いしてしまい、失敗したと後悔している】

トイレの間取りで失敗した。設計士にあまり聞かずに、独断で決めてしまったこともあって、改めて、リビングの隣にトイレを作るものじゃないと思った。どうしたって、水が流れる音が気になる。はいっている方も、リビングでくつろいでいる方も、気になって仕方が無い。ちょっと後悔。。

注文住宅の失敗談・後悔事例集
トイレ水回り編 比較必須の訳って??

注文住宅のトイレ水回りの設計、また、トイレのメーカーの比較について、無料で、注文住宅の、間取りや、住宅プランについて無料提案してもらえるサービスがあります。

大手のハウスメーカーを、一括比較出来るので、トイレ水回りだけに限らず、どんなポイント気を付ければ、失敗・後悔せずに済むのか?をアドバイスしてもらうことも可能です。

申込みフォームに、具体的なメッセージを書き込むことで、より詳細な、住宅プラン・設備のメーカーなどを提案してもらうことが可能です。

⇒家づくり計画書(住宅プラン)の
無料サービス
はこちら

 

完全無料なので、プランだけ確認する形でもOKですし、すこし詳しく話しだけ聞いてみたいという場合にも活用することが出来るサービスです。

注文住宅は、一生に一度の買い物なので、ぜひ、複数の選択肢から最善のプランを選べるように、良いアドバイスを活用することをオススメします。

 

注文住宅で失敗後悔したこと!後悔しないための事例

当サイトでは、注文住宅の失敗後悔の事例を、収集してまとめています。

設計
内装間取り 外観・外構
設備関連 場所別
トイレ

コンセント
照明
スイッチ
電気
収納
キッチン
リビング
壁紙
玄関
階段
カーテン
フローリング
ウッドデッキ
屋根
外壁
設備